ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : “非出会い系”サイト被害、初の減少も低年齢化が顕著に (2011.09.09)

日時: 2011-09-12  表示:3233回

Impress Watch 9月9日(金)15時0分配信

 警察庁は8日、2011年上半期における出会い系サイトに関係した事件の検挙件数をとりまとめた。それによれば検挙件数は497件で、前年同期比で7.6%減少。被害に遭った18歳未満の児童は同5.7%減の133人。被害が多い罪種は児童買春が79人で、全体の59.4%を占めた。

 また、コミュニティ機能を持つSNSやゲームサイトなどを指す“非出会い系”サイトを利用して犯罪被害に遭った事件の検挙件数は、前年同期比0.5%減となる726件。被害に遭った児童は546人で9.2%減。被害が多い罪種は青少年保護育成条例違反が304人で半数以上を占めた。

 “非出会い系”サイトの被害児童数は、2008年から統計を取り始めてから増加の一途をたどっていたが、今回初めて減少に転じた。その一方、14歳以下の被害児童が占める割合は33.2%に上り、出会い系サイトの18.8%と比べても「コミュニティサイトでは、被害児童の低年齢化が顕著」(警察庁)となっている。

【INTERNET Watch,増田 覚】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより