ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 携帯電話のフィルタリング利用率 県で2倍以上の差 (2011.08.25)

日時: 2011-08-25  表示:3167回

産経新聞 8月25日(木)17時33分配信
 有害サイトをブロックする携帯電話のフィルタリングの利用率が、都道府県によって2倍以上の差があることが25日、警察庁の調査でわかった。高校生で最も利用率が高い石川県では、小中学生に携帯電話を持たせないように努めるとする条例が施行されており、携帯電話の利用環境の違いが背景にあるとみられる。

 調査は今年2〜5月、宮城県を除く全国の小学4〜6年生と中学生、高校生の保護者計6万6308人を対象にアンケート方式で実施した。家族共用を含め、小学生の21・7%、中学生の41・6%、高校生の96・4%が携帯電話を所有していた。

 このうち、インターネットが使えない機種を含め、フィルタリングを利用していたのは小学生75・9%、中学生67・5%、高校生51・9%。都道府県別では、小学生と中学生で利用率に大きな差はなかったが、高校生では石川が76・4%と全国平均を大幅に上回ったのに対し、和歌山(30・9%)など7道府県が石川の半分以下だった。

 警察庁は「利用率が低かった道府県を中心に、事業者への要請や保護者に対する啓発活動を一層強化したい」としている。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより