ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 郵便局長、少女にわいせつ容疑…飲み物に薬混入 (2011.08.18)

日時: 2011-08-18  表示:3946回

読売新聞 8月18日(木)9時20分配信
 女子高生の飲み物に睡眠作用のある薬を入れ、眠らせてわいせつな行為をしたなどとして、福岡県警少年課と宗像署は17日、同県鞍手町にある郵便局の局長の男(42)について、準強制わいせつ、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)容疑で逮捕状を取った。

 18日にも逮捕する方針。

 捜査関係者によると、男は1月上旬、出会い系サイトで知り合った県内の女子高生を同県宗像市内のカラオケ店に連れて行き、飲み物に薬を混入。意識がもうろうとなった女子高生をホテルに連れ込み、わいせつな行為をしたうえ、デジタルカメラで裸などを撮影した疑いが持たれている。

 女子高生は昏睡(こんすい)状態だったため、被害に気づいていなかった。帰宅後も意識がはっきりしない状態が続いたため不審に思い、「何か薬を飲ませなかったか」とメールで追及。男は「大人をなめるな。ばらまくぞ」などという文面のメールに女子高生の裸の写真を添付し、送りつけてきたという。恐怖を感じた女子高生が県警に相談し、発覚した。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより