ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 刑法犯少年、9年連続減=再犯者率は上昇傾向―児童ポルノは最悪・警察庁 (2011.08.04)

日時: 4102-12-13  表示:3290回

時事通信 8月4日(木)10時14分配信
 全国の警察が今年上半期(1〜6月)に刑法犯として摘発した14歳以上20歳未満の少年は、昨年同期比6.1%減の3万6601人で、9年連続減少したことが4日、警察庁のまとめで分かった。摘発した少年の33.4%は過去に非行歴があり、再犯者率は2年連続で上昇。同庁は「家庭や地域社会の絆が弱まり、非行を繰り返す少年の増加につながっている」と分析している。
 児童ポルノ事件の摘発は9.1%増の649件、被害に遭った18歳未満の子どもは14.4%増の310人で、いずれも上半期の統計が残る2000年以降で最悪となった。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより