ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : DVを犯罪と認めない国に女性6億人…国連機関 (2011.07.07)

日時: 2011-07-08  表示:3087回

読売新聞 7月7日(木)21時16分配信
 【ニューヨーク=吉形祐司】女性の地位向上を目指す国連の新機関「国連ウィメン」は6日、初の本格的な報告書「世界の女性の進歩――正義を求めて」を発表した。

 国連ウィメンは、世界の女性の6億人以上が、家庭内暴力(DV)を犯罪と認めていない国に暮らし、危機にさらされていると指摘、女性の人権を十分に守るよう、これら各国に緊急の対応を求めた。

 国連ウィメンによると、世界の125か国がDVを禁止しているにもかかわらず、「世界で計数百万人が親しいパートナーから暴力を受けている」という。

 報告書は、働く女性の半数以上の6億人が労働法で保護されていない現状を指摘。男女の賃金平等を法律で定めている117か国の中にも、女性の賃金が男性より30%も低い国があることを明らかにした。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより