ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : DV:24時間相談電話 NPO、きょう正午から /新潟 (2011.07.06)

日時: 2011-07-08  表示:3673回

毎日新聞 7月6日(水)11時34分配信
 ドメスティックバイオレンス(DV、配偶者や恋人からの暴力)を受けている女性の電話相談「24時間DVホットライン」を、新潟市のNPO法人「ウィメンズサポートセンターにいがた」(西澤真知代表)が6日正午〜7日正午に実施する。同ホットラインは7月と12月に毎年行われており、仕事や家庭環境などで相談電話ができない被害者が、時間帯を問わず電話をかけられるように24時間受け付ける。電話は、025・201・4556、または201・4557(通常はファクス専用)。
 同センターは、性暴力やセクハラの被害者や在日外国人女性らの相談、女性ためのシェルター運営も行っている。西澤代表は「電話相談だけでなく、その後のサポートもするので、遠慮なく言ってほしい。我慢をせずに勇気を持って電話をかけて」と呼びかけている。【小林多美子】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより