ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 児童ポルノ法改正で署名提出 (2011.07.01)

日時: 9022-08-20  表示:2748回

NHK 7月1日 15時47分

 児童ポルノの被害が後を絶たないなか、民間団体が児童ポルノ禁止法の改正などを求めて、全国で集めた21万人分の署名を政府に提出し、対策の強化を訴えました。

 子どもの権利を守る活動をしているNGOや企業で作る民間団体が1日、文部科学省の林久美子政務官などを訪れ、児童ポルノ禁止法の改正を求めて、およそ3か月間で集めた21万人分の署名を提出しました。団体では、今の法律では児童ポルノを個人的に所持することを罰していないため、児童ポルノが氾濫する要因になっていると訴えています。署名を受け取った林政務官は「児童ポルノは重要な人権問題であり、関係する省庁が連携してしっかり取り組んでいかないといけない」と述べました。警察庁によりますと、去年、わいせつな映像を撮影されるなどの被害にあった18歳未満の子どもは特定できただけで600人余りとこれまでで最も多く、特に小学生以下の低年齢の児童の被害が増えています。団体の代表の宍倉芳男さんは「21万人もの署名が集まったことは児童ポルノの問題への関心が高まっている証拠だと思います。今後も法改正に向けて、関係者が一体となって取り組んでいきたい」と話していました。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより