ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 世界一のポルノ王国は韓国? 1人当たりの消費額は日本の3倍=韓国

日時: 2011-06-21  表示:3098回

サーチナ 2011/02/07(月)

 米国誌のニューズウイーク(電子版)が6日、米国国民の性に関する統計資料を報じる際、1人当たりのポルノ消費額で韓国を1位に選定したことが明らかとなった。韓国メディアが伝えた。

  ニューズウイークによると、2006年基準で韓国国民の1人当りのポルノ消費額が526.76ドルで、2位である日本の3倍以上も多いことが分かった。韓国と日本に続き、フィンランドが114.70ドル、豪州が98.70ドル、ブラジルが53.17ドル、チェコが44.94ドル、米国が44.67ドル、台湾が43.41ドル、英国が31.84ドル、カナダが30.21ドルだった。

  この統計は、セント・ジョーンズ大学のマーク・ライス教授が運営するブログ「ランキング・アメリカ」を引用したものだという。「ランキング・アメリカ」は、『トップ10レビューズ』が2006年に公開した資料を基にしたものと伝えられた。

  『トップ10レビューズ』が06年に発表した資料によると、世界ポルノ産業の総売り上げは970億6000万ドルで、中国が274億ドルで1位、韓国は257億3000万ドルで2位、日本は199億8000万ドルで3位を記録していた。ニューズウイークは、韓国の人口が全世界で26位に過ぎないため、1人当たりのポルノ消費額はほかの国より多いと説明している。

  韓国メディアは、同件に対する韓国のネットユーザーらの反応も紹介した。「この数値が正しいのか?」、「恥ずかしい」、「衝撃的な結果だ」、「世界ポルノ産業に大きな功績を立てた韓国国民たちに拍手を」などと、さまざまな反応を見せていると伝えた。(編集担当:永井武)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより