ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 火をつけ夫殺害容疑、DVで相談 (2011.06.08)

日時: 3037-09-28  表示:3747回

TBS系(JNN) 6月8日(水)18時44分配信

 子どもの入学記念の集合写真におさまる男性。この男性は、無職の高橋誠さん(46)です。7日、高知市の市営住宅の一室でガソリンをかけられた上、火をつけられて殺害された被害者です。

 そして、誠さんを殺害したとして逮捕されたのは、同じ写真に写る妻の**容疑者(36)です。**容疑者は8日午後、身柄を検察庁に送られました。

 警察の調べに対し、容疑を認めているとのことですが、****容疑者は、ガソリンをかけて火をつけるという凶行に及んだのでしょうか。現地で取材を進めると・・・。

 「何か起こるというのはあった」(近所の人)

 何かが起きると思っていたと近所の人が話す夫婦の間に、何があったのでしょうか。

 「事件が起きたのが2階の部屋です。火事で外には損傷はありません。しかし部屋の中は黒こげ。ここからは溶けた炊飯器が見えます」(記者)

 7日午前1時50分ごろ、集合住宅の2階の部屋で火事が発生。その部屋に住んでいた高橋誠さんが、遺体で発見されました。火事の発生直後、部屋から飛び出してきた****容疑者の様子を、近所の住民が目撃していました。

 ****容疑者は)うろたえているというか、あっち行ったり、こっち行ったりして走っていた。“パパが無理心中”って言ってた」(真上の部屋の住民)

 火事の直後には、夫による放火だと話していたと****容疑者。しかし・・・。

***容疑者はその後、警察の事情聴取に対して“夫にガソリンをかけて火をつけた”と話したため、夜になって殺人容疑で逮捕されました」(記者)

 警察の調べによりますと、誠さんは台所で布団を敷いて寝ていたときに火をつけられていて、現場からは使われたマッチが見つかっています。警察は、**容疑者がこのマッチで火をつけたと見て調べています。夫婦の間に、一体何が・・・。取材を進めると、夫婦の普段の様子が分かってきました。

 「(夫婦で)いつもモメてたから。(Q.1年中モメてた?)そうです。朝・昼・晩・夜中、全部」(真上の部屋の住民)

 夫婦の間には、トラブルが絶えなかったといいます。**容疑者は今年3月、夫、誠さんからの暴力被害を警察に電話で相談。4月になって、2人の子どもとともに高知市内の施設におよそ1週間保護されました。

 しかし、「夫ともう一度やり直したい」と、自ら施設を出て、再び4人で暮らし始めましたが、同居を始めた後もトラブルは続いていたといいます。警察は、こうしたトラブルと動機の関連を捜査しています。(08日17:50)


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより