ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 尼崎市の弁護士3人が刑事訴訟法を勘違い 日弁連が戒告 (2011.05.02)

日時: 2011-05-25  表示:3093回

 兵庫県尼崎市の法律事務所の弁護士3人が、親告罪の強制わいせつ罪で起訴された男の弁護をした際、刑事訴訟法の規定を勘違いして、起訴後も告訴取り下げが可能だと思い込んで弁護活動をし、日本弁護士連合会(日弁連)から戒告の懲戒処分を受けていたことが2日、わかった。

 日弁連などによると、3人は平成19年12月から、同罪で起訴された男の弁護を担当したが、「告訴が取り下げられれば釈放される」と誤った説明をし、被害者と示談交渉を続けた。翌年2月、検察側からの指摘で勘違いに気付いた。

 兵庫県弁護士会は21年12月、不処分としたが、男が異議を申し立て日弁連が審査、「不利益が生じなかったとはいえず、結果は重大」として3人を戒告処分とした。

 事務所代表の男性弁護士(49)は「間違いは認めるし、反省もしているが、男に不利益が生じたとは考えていない」とし、東京高裁に提訴方針という。

産経新聞 5月2日(月)20時21分配信


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより