ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 18歳頃までに虐待経験…女性7.1%、男性2.2% (2011.04.18)

日時: 2011-04-18  表示:3163回

 18歳頃までに両親や同居者から虐待を受けた経験がある人の割合が5%に上ることが、厚生労働省研究班の調査で分かった。

 2年に1度、行われている「男女の生活と意識に関する調査」で、虐待経験を尋ねたのは初めて。

 今回の調査は2010年9月、16〜49歳の男女3000人を対象に実施。1540人が回答した。

 虐待を受けたと回答したのは、男性の2・2%に対し、女性が7・1%。15歳から49歳の女子人口を踏まえると、単純計算で、女性では約200万人で虐待の経験があることになる。

 具体的な虐待内容を尋ねたところ(男女合計。複数回答)、「心を傷つけるようなことを繰り返し言うなど心理的な虐待」が66・2%で最も多かった。

 そのほか、「殴る、蹴る、熱湯をかける、たばこの火を押しつけるなどの身体的な虐待」が54・5%、「無視したり、食事を与えなかったりするなどの養育放棄」が15・6%、性的虐待は男性はゼロだが、女性は14・5%だった。

 虐待と両親の離婚との関連を見たところ、虐待経験者のうち両親の離婚の経験がある人の割合は36・4%で、虐待経験がない人で両親の離婚経験がある人の割合(10・6%)の3倍以上だった。

 また、虐待経験者のうち、自分で自分の体に傷を付ける「自傷行為」の経験者の割合は32・5%で、虐待経験がなく自傷行為を行ったことがある人の5・7%より5倍以上、高い数字だった。また、虐待経験者は中学生の頃、親との会話が少ない傾向が見られた。

 調査にあたった日本家族計画協会クリニック(東京都新宿区)所長の北村邦夫さんは「全国の児童相談所の調査などでは、意図しない妊娠・出産で生まれた子供たちが親らに虐待されることが少なくない。産みたいときに産む、妊娠を望まないならば確実な避妊を実行することが大切。また、『隣は何をする人ぞ』では虐待児を救えない。虐待の兆候はないか、誰もが注意してほしい」と話している。

(2011年4月18日 読売新聞)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより