ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 容疑者宅からわいせつ漫画 熊本市女児遺体遺棄 (2011.03.08)

日時: 2011-03-09  表示:3665回

くまにちコム 2011年03月08日

 熊本市高平のスーパーで、同市清水東町の清水心[ここ****(3)が家族と買い物中に行方不明となり、遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された熊本学園大2年、****容疑者(20)=同市兎谷1丁目=の自宅から少女を描いたわいせつな漫画が押収されたことが7日、県警への取材で分かった。県****容疑者が、いたずら目的で心ちゃんに接触したとの見方を強めている。

 県警によると、同容疑者宅の捜索で、パソコンや携帯電話、雑誌など約50点を押収。そのうち、少女の裸などを描いたポルノ漫画が多数あった。

*** **容疑者はこれまでの調べに「女の子が騒ごうとしたので、首を絞めたら死んでしまった」などと供述しており、県警は、同容疑者が当初から少女へのわいせつ行為が目的だった可能性が高いとみて慎重に調べている。

 また、県警によると、同容疑者は遺棄した理由を「自分がやったことがばれたら重い罪になると思い、怖かった」と説明。遺棄現場の坪井川水路については「小学生のころ、友達と遊んだ場所でよく知っていた」と供述している。

 周辺店舗の防犯カメラの映像などでは、**容疑者はスーパーから遺棄現場まで最短経路を取っておらず、県警は、同容疑者が遺棄現場を探すうち、発見されにくい水路を思い付いたとみて詳しい足取りの裏付けを急ぐ。

 水路はコンクリートのトンネルのような造りで、入り口には鉄柵(格子の間隔約25センチ)があった。遺体は鉄柵から約10メートル奥の場所で見つかった。**容疑者は「柵の間を通り抜けて入った」と説明しているという。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより