ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : サイバー犯罪検挙数、不正アクセスが減り、わいせつ物・児童ポルノなど増加 (2011.03.04)

日時: 2011-03-07  表示:2927回

Impress Watch 3月4日(金)15時0分配信
 警察庁は3日、2010年中のサイバー犯罪の検挙状況をとりまとめた。検挙件数は6933件で、前年より3.6%(243件)増加。サイバー犯罪の統計をとりはじめてから過去最多となった。

 不正アクセス禁止法違反は1601件で、前年より36.8%(933件)減少した。これは、2009年に「Yahoo!オークション詐欺・イーバンク銀行不正送金事件」での大量摘発により、不正アクセス禁止法違反の検挙数が年間2534件と一時的に増加していたことが背景にあるが、それでも前々年 2008年の1740件よりも減少している。

 一方、ネットワーク利用事犯は5199件と、31.3%(1238件)増加した。ネットワーク利用事犯のうち、依然として多いのは詐欺で1566件。前年から22.3%(286件)増加している。わいせつ物頒布等及び児童ポルノ事犯は1001件で、54.7%(354件)増加。また、著作権法違反も 368件で、95.7%(180件)増という大きな増加率を示している。

 警察庁では3日、不正アクセスの発生状況についてとりまとめた報告書も国家公安委員会、経済産業大臣、総務大臣の連名により発表している。これによると、検挙した不正アクセス事犯の手口は、フィッシングサイトを開設してID・パスワードを入手したものが1411件と、前年に引き続き最も多かった。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより