ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : サイバー犯罪摘発10年連続で過去最多 著作権法違反と児童ポルノが倍増 (2011.03.03)

日時: 2011-03-03  表示:2931回

産経新聞 3月3日(木)15時15分配信
 警察庁は3日、平成22年にインターネットを利用したサイバー犯罪の摘発状況をまとめた。件数は前年比3・6%増の6933件で、統計を取り始めた平成12年以降、10年連続で過去最多を更新。中でも著作権法違反は368件でほぼ2倍に、児童ポルノは54・4%増の783件、オークションを利用した詐欺は29・7%増の677件と増加が目立った。

 一方、不正アクセス禁止法違反はオークションサイトのIDやパスワードを盗み出す事件が大幅に減ったため、36・8%の大幅減の1601件に。コンピューターや電磁的記録を対象にした犯罪は31・8%減の133件にとどまった。

 また、全国の警察の相談窓口で受理したサイバー犯罪に関する相談は7万5810件で9・5%減少した。しかし、迷惑メールに関する相談は9836件で50・4%の大幅増になったという。

 警察庁は「不正アクセス禁止法の摘発は減少したものの、現時点で摘発できないフィッシングによるIDなどの詐欺行為は増加傾向にあり、民間と連携した対策を進めていく」としている。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより