ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 児童ポルノ摘発、過去最多 被害者628人の大幅増 小学生以下が2倍に (2011.02.24)

日時: 2011-02-25  表示:3116回

産経新聞 2月24日(木)10時15分配信
 平成22年の児童ポルノの事件摘発が1342件、926人でともに前年比4割以上増加し、過去最多になったことが24日、警察庁のまとめでわかった。新たに特定された被害児童は213人増の618人。ファイル共有ソフトを含むインターネット上での摘発強化が影響したとみられる。

 被害児童のうち男児は前年の3.5倍超の72人。年齢別では中学、高校生がそれぞれ226人、228人と大半を占めたが、小学生以下も2倍以上の126人で全体の2割に上った。

 違反別では、単純製造が624件でトップ。不特定・多数への提供(496件)、特定少数への提供(108件)と続いた。容疑者のうち学校や塾などの教育関係者は前年の7人から25人と大幅に増加した。

 また、警察庁がまとめた少年非行等の概要によると、刑法犯少年(14〜19歳)は前年比4.9%減の8万5846人で7年連続の減になったが、刑法犯全体に占める少年の割合は26.6%で人口比では成人の5.1倍に達した。

 刑法犯少年の再犯率は31.5%で13年連続の上昇。なかでも強盗などの凶悪犯と暴行などの粗暴犯の再犯者率は5割を超えており、少年が犯罪から抜け出せない実態が浮き彫りになっている。

 一方、14歳未満の触法少年(刑法)は1万7727人で1.7%減少したが、暴行(22%増)、強制わいせつ(9.1%増)の増加が目立った。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより