ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 大阪府「新基準検討してない」 児童の過激写真は規制へ (2010.12.15)

日時: 2010-12-18  表示:3462回

産経新聞 12月15日(水)21時0分配信
 青少年への悪影響を最大限に考慮して、大阪府では過激な性描写があるアニメや漫画の販売を、現行の府条例でも規制対象としているが、府の担当者は「東京都のように『性犯罪などを不当に賛美する』といったストーリーで判断するのではなく、過激な性行為などの具体的な描写があるかどうかを基準としている」と説明する。

 そのうえで、「都で新たに有害図書指定に入るものでも、すでに大阪では指定済みのものもある。今回の都の条例改正を受け、新たな基準を作ることは、現時点では検討していない」としている。

 一方、府青少年問題協議会は、18歳未満の子供が水着や下着姿で過激なポーズをとる写真や映像を「子供の性的虐待の記録」と定義し、規制するよう求める答申書を11月、橋下徹知事に提出している。

 府では、こうした写真や映像を販売するだけでなく、製造することを「虐待」として規制するとともに、所持しないことも努力義務として盛り込む条例改正案を2月府議会に提出する方針で、可決されれば全国初となる。

 答申では、現行の児童ポルノ法が、被写体となる子供を保護する点で不十分と指摘。「判断能力が十分でない子供が自発的に扇情的なポーズをとっているとは考えにくい」として、15歳以下の子供を対象とした「ジュニアアイドル誌」についても、性的虐待の記録となる可能性があるとした。今後、「性的虐待」の基準について、専門家らと協議し、明確化する予定になっている。

 橋下知事は、東京都の条例改正が可決されたことを受け、「子供を守るのは行政しかない。出版業界は『表現の自由が侵される』と批判するが、販売方法を規制するということで、表現の自由への規制ではない」としたうえで、「ただ、青少年の健全育成に関する規則は、全国的にあいまいで不明確な表現が多いので、府としては、しっかり条例化し、プロセスを公にしてチェックを受けるようにしないといけない」と述べた。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより