ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

売買春 : デリヘルの悪質広告看板設置を摘発 全国初(2008.1.22)

日時: 2008-01-23  表示:4882回

2008年1月22日12時1分配信 産経新聞

 デリバリーヘルスの広告看板を設置したとして警視庁池袋署は22日にも風営法違反(広告宣伝の禁止)の疑いで、30歳代の風俗店経営者を書類送検する方針を固めた。
 風俗店の広告宣伝は、一昨年5月施行の改正風営法で原則禁止されていたが、デリバリーヘルスの看板設置での摘発は全国で初めてだという。
 調べによると、男性経営者は昨年12月、豊島区池袋の営業拠点で路上から見える位置に店名を示した広告看板を設置した疑い。
 デリバリーヘルスは店舗を設けず、客の自宅やホテルなどに女性を派遣する性風俗。店舗型とは異なり午前0時を過ぎての営業も可能なため、摘発が進む店舗型に変わって急速に広がっている。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより