ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 著名女性スター“透視ヌード”写真が大量掲載!美少女ヤオヤオも大ショック―台湾 (2010.10.12)

日時: 2010-12-06  表示:3999回

レコード・チャイナ
2010年10月12日

米アダルトサイトに中華圏女性スターの“透視ヌード”写真が多数掲載された。人気美少女アイドルのヤオヤオ(瑤瑤)こと郭書瑤(グオ・シューヤオ)の写真も登場している。聯合報が伝えた。

問題のサイトはアメリカで登記されたアダルトサイトで、内容は主に中華圏の女性スターや著名人を取り扱ったもの。アジア圏のユーザーをターゲットに、言語は英語・中国語(北京語)・日本語で閲覧できるようになっている。

同サイトではこのほど、人気アイドルのヤオヤオはじめ、人気歌手ジョリン・ツァイ(蔡依林)、美女モデルのビアンカ・バイ(白[音欠]恵)といった台湾の女性スター、チャン・ツィイー(章子怡)やヴィッキー・チャオ(趙薇)ら中国の大物女優のヌード写真が続々と登場。いずれもコラージュ写真と思われるが、同サイトでは「赤外線カメラで撮影した正真正銘の透視ショット」と紹介され、1枚につき1ドル(約82円)〜10ドル(約818円)で閲覧可能となっている。

これら“ヌード写真”のうち、最高額をつけたのはモデルのビアンカ・バイ、人気ママタレの小Sことシュー・シーディー(徐熙[女弟])、日台ハーフの巨乳タレント・Makiyo(川島茉樹代)の3人で、いずれも10ドル。さらに「中国トップ美女」ことファン・ビンビン(范冰冰)、台湾のアイドル女優タミー・チェン(陳怡蓉)が8ドル(約654円)で続いている。

12日、映画の製作発表会に登場したヤオヤオは、自分のヌード写真が販売されていることを記者から聞かされ、驚きのあまり開いた口もふさがらない様子。大きすぎる衝撃に、「そういうことはやめてほしい…」とのみ、やっとの思いでコメントしていた。(翻訳・編集/Mathilda)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより