ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 性暴力を問う 第4部 海外からの報告<5>再犯「薬物で制御するしかない」 (2010.10.19)

日時: 2010-12-05  表示:3128回

国民の怒り、厳罰化進む

 6月29日、韓国の国会で、「性暴力犯罪者の性衝動薬物治療法」が可決された。

 子どもへの性犯罪で逮捕されて性倒錯症と診断された者に対し、心理療法と併せ、性欲を抑える薬物を強制的に投与し、再犯を防ぐのが狙い。2年前の提出から棚上げ続きだった法案が突然復活、スピード通過した。背景には、一つの事件があった。

 〈真昼に……運動場で小学生を拉致して性暴行〉

 日刊紙・韓国日報が報じた6月9日付朝刊のスクープは、大きな衝撃を呼んだ。

朴敏植議員

 その2日前の同7日朝、首都ソウル中心部で、小学2年の女児(8)が男(45)に連れ去られ、性的暴行を受けた。子を持つ親たちを震撼させたのは、拉致現場が公立小学校の運動場、という事実だった。

 小学校を訪ねた。通行量の多い大通りに面している。韓国では多くの小学校が市民に開放されている。男は誰にも注意されずに校内に入り、1時間近くうろついた末、女児に近づいたという。

 「部外者は無断立ち入り禁止です」。正門で警備員ににらまれた。事件後、警備が厳しくなったらしい。近くで待ち合わせしていた女児2人は「1人で遊ばないよう、お母さんから注意されているの」と手を握り合った。

 男に性犯罪の前歴があったことが、国民の怒りと関心に火をつけた。メディアは国の対策不備を責めた。4か月前にも、釜山市内で10歳代の少女が前歴者に強姦、殺害される事件があったからだ。

 事態に素早く反応したのが、与党・ハンナラ党。「薬物による性欲制御は人権侵害」との反対を受け2年間、保留になっていた法案を拾い上げ、わずか1日で法制司法委員会と本会議を通過させる“荒業”で世論に応えた。法案を発議した元検事の朴敏植議員は「今も批判は確かにあります」と苦笑しながらも、強調した。

李昊重教授

 「電子足輪だけでは限界がある。犯罪に向かう性欲を自分で抑制できないなら、薬物と心理療法で制御するしかない。国民の安全のために、国の管理が必要なんです」

 審議過程で当初案が薬物投与の条件とした「本人の同意」は削除され、対象は「25歳以上」から「19歳以上」に。厳しく修正された法が、来年7月に施行される。

 〈児童への性暴力犯罪との戦い〉。事件が相次ぐ中、そんなスローガンが叫ばれる韓国。今年7月、韓国版ミーガン法とも言える、前歴者の身元情報の公開が専用サイトで始まった。来年1月には、前歴者と同じ町内に住む、未成年者がいる全世帯に情報を郵送する制度もスタートする。

 電子足輪、薬物投与、前歴者情報公開――。厳罰傾向を強める国情を懸念する声も聞こえる。

 李昊重・西江大教授(刑法)は言う。「国は事件が起きる度、国民の怒りを静めようと、十分な議論もなく極端な対策を立ててきた。これでは、自暴自棄になった性犯罪者が犯罪に走る悪循環に陥りかねない。啓発教育など、性暴力を生む社会背景に目を向けた、もっと地道な対策が必要だ」
(2010年10月19日 読売新聞)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより