ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 性暴力を問う 第3部 奪われた笑顔<6>自分を守る意識育てる

日時: 2010-12-05  表示:3643回

いやなら「いや」と言っていい

 子どもを性暴力から守るため、米国で編み出された教育プログラムがある。CAP(キャップ)(子どもへの暴力防止プログラム)だ。

 「ちょっと、おじさんとキスしてくれへんかな」

 「いやや。ぼく、そんなことしたくない」

 大阪市阿倍野区の私立幼稚園。スタッフが演じる寸劇に園児たちはくぎ付けになった。「男の子は被害に遭わない」という予断を与えないため、寸劇には、あえて男児役を登場させる決まりになっている。「こんな時、みんなもイヤって言えるかな」。「はーい」。小さな手が一斉に挙がった。

 1985年にCAPを日本に紹介した、民間研修機関「エンパワメント・センター」(兵庫県西宮市)主宰の森田ゆりさんは「怖がらせるのではなく、子どもが『自分にもできることがある』と力がわくようにすることが、予防につながる」と語る。

 いやなら「いや」と言う。大声を出したり、逃げたりする。それができなくても悪くない。誰かに相談しよう――。「NO(断る)、GO(逃げる)、TELL(相談する)」。CAPが教える対処法だ。

 大人向けのプログラムもある。親や教師にも寸劇を見せて理解を求め、子どもの話に共感しながら耳を傾ける方法を伝える。CAPの実践団体「西淀川子どもセンター」(大阪)代表理事の西川日奈子さん(55)は、「性的虐待を訴えても、大人から信用されずに心の傷を深めるケースは多い。TELLの受け皿が極めて重要」と強調する。

 しかし、予算不足などで、全国的に受け入れ先は減っている。大人のプログラムは敬遠され、児童向けのみを希望する学校も多いという。

 西川さんは困惑する。「子どもが最初に相談する相手である父母や先生に、もっと理解を深めてほしいのに」

 児童虐待の専門外来がある、愛知県立あいち小児保健医療総合センター。2009年10月までの8年間に扱った虐待症例916件のうち、性的虐待は17%を占めた。

 看護師の伊藤環さん(30)は06年頃、心療科病棟に入院中の児童らに広がった“問題行動”に、衝撃を受けた。

 「性的虐待の再演」。子ども同士で隠れてキスをする、女児が体を触り合う――。虐待による性の認識の混乱が原因とみられた。

 伊藤さんらは07年11月、「性的虐待対応チーム」を結成。カウンセリングなど日常の治療のかたわらで、対策に乗り出した。

 絵本で体のプライベートパーツ(水着で隠れる部分)を見せ、「あなたの大切な所だよ」と教えながら、被害体験を聞き取る。「いやなことは拒否して構わない」と教えるプログラムでは、子どもに好きな人形と嫌いな人形を選ばせ、看護師が嫌いな方の人形を持って近づく。「やめて」と言えれば、ほめる。虐待で無力感に陥っている子どもに、自己肯定感を持たせるのが狙いだ。

 伊藤さんはチーム結成以来、“問題行動”は減っている、と実感する。「置き去りにされていた子どもの『自分を大切にする心』を、一緒に取り戻す治療が必要なんです」

 <CAP> Child Assault Preventionの略。1978年に米国オハイオ州で起きた女児レイプ事件を機に、性的被害やいじめ、誘拐から子どもを守るために開発され、16か国に普及。日本では約160団体が活動、3歳から高校生まで240万人以上、大人向けは160万人以上が受講した。尊重すべき「安心、自信、自由」の人権意識を養い、護身術や叫び声も練習する。
(2010年6月27日 読売新聞)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより