ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 性暴力を問う 第3部 奪われた笑顔<2>立場を利用 密室の“儀式” (2010.06.23)

日時: 2010-12-05  表示:3495回

先生は唯一絶対の存在だった

 中学校の体育館控室。練習後、剣道部顧問の男性教諭に呼ばれ、厳しく説教された。

 「先生の前で心を裸にしてないから、あかんのや」

 すぐさま答えた。

 「すべてを任せています」

 「じゃあ、服脱げるんか」

 下着だけになると、顧問は「お前の気持ちはわかった」と抱きしめた。

 それは、剣道部の女子部員の間で〈儀式〉と呼ばれていた。控室のドアにはいつも、カギがかけられていた。

 「先生は唯一絶対の存在だった」と、優さん(仮名)(26)は、当時を振り返る。
優さんの自宅マンションから被害現場の学校が見える。「もし先生が目の前に現れたら、恐怖がよみがえり、体が凍り付いてしまうと思う」=笹井利恵子撮影

 連日の猛げいこ。体罰は日常だった。顧問は「やめるやつは負け犬。先生について来れば絶対、全国大会に行けるぞ」と繰り返した。指導者として保護者らの信頼も厚かった。激しい叱責(しっせき)も「期待されている」と誇りだった。

 そんな中、始まった密室の〈儀式〉。レギュラー部員6人が日替わりで呼び出された。「プライドを捨てなあかん」。床をなめろ、先生の指をくわえろ――。そして、服を脱がされるまでに発展した。

 3年生で全国大会出場を果たした。「あれは私たちのためだった」と言い聞かせて卒業したが、高校、大学と進むうち、疑念が膨らんだ。

 崇拝が完全に砕かれたのは20歳の時。セクハラ疑惑をただす地元市教委の調査に、顧問が〈儀式〉の事実関係を全否定した、と知ったからだ。

 「先生にとって後ろめたい、隠さなければならないことだったんだ」「性欲の対象にされた」。打ちのめされた。

 「もう被害者を出してはいけない」。他の部員らとともに、顧問と市を提訴。判決はセクハラを認定し、市教委は顧問を懲戒免職にした。

 「事実が認められ、ほっとした」と優さん。「でも、誇れる思い出まで否定されたようで、つらかった」。今も中学の前を通れないでいる。

 時効成立分を含め、警察が確認した被害は、17年間で27人、計479件――。

 強姦(ごうかん)や強制わいせつ罪などで懲役30年が確定した広島県の男(44)は、勤務先の小学校で教え子たちへの性暴力を繰り返していた。確定事実だけで、当時9〜12歳の10人に対し95件に及ぶ。

 2008年5月の逮捕までに、発覚の機会はあった。1998年と04年の2度、男は校内で女児と2人きりでいるのを同僚に見とがめられた。しかし、男の否定を学校側は2度とも、うのみにしていた。

 「スクール・セクハラ防止全国ネットワーク」(大阪)の亀井明子代表は指摘する。「学校の内部調査は身内に甘く、否認されれば幕引きされる傾向がある。第三者を加えた厳しい調査が必要だ」

 男の公判では、教え子らの供述調書が読み上げられた。

 〈嫌と言ったら勉強を教えてもらえないと思っていた〉

 〈先生に無視されるのが怖くて逆らえなかった〉

 絶対的な立場を利用した卑劣な犯行。傷ついた心は手当てされているのか。広島のケースでは、地元教委は民事訴訟を起こした3人を除き、だれが被害者か、把握していない、という。

 <医療費給付> 独立行政法人・日本スポーツ振興センターによると、学校管理下で性犯罪が起き、負傷したり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを発症したりした場合、因果関係と学校長の承認があれば、「災害共済給付」の対象となる。治療を始めてから2年以内に、学校、地元教委を通じた申請が必要。最長10年間、心療内科や精神科も含めた医療費について、保険診療の自己負担分が全額補填(ほてん)される。
(2010年6月23日 読売新聞)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより