ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 性暴力を問う 第1部 被害者たちの叫び 告白、驚き…反響162件 (2010.03.03)

日時: 2010-12-05  表示:3165回

 2月12日付朝刊から8回にわたり掲載した連載「性暴力を問う 被害者たちの叫び」には、手紙やメールなど162件の反響が寄せられた。その3割は、被害を経験した人たちから。「数十年間、誰にも話せなかったことを初めて書きます」。長い沈黙を破っての告白もあった。性被害の深刻な影響に対する驚きの声、「加害者が許せない」という男性からの意見も目立った。一部を紹介する。

◆人生を奪われた

 〈2度命をあきらめようとしましたが、そのたびに助けられ、仕方なく生きている状態です〉。10年以上前に強姦(ごうかん)の被害に遭ったという女性は、生と死のはざまで揺れる心情を、手紙につづった。

 〈私を助けた人に言いたい。『フォローも何もできないくせに』。でも放っておかないで。話を聞いて。これも本音。本当は、あんなやつのために死にたくない。被害者の心は生きている間中、ずっと叫び続けていると思います>

 50歳代の女性は、高校時代に集団強姦に遭い妊娠、両親に黙って中絶した過去を手紙で明かした。優しい夫と巡り合い、結婚したが、体を求められるたび涙に暮れた。フラッシュバックに襲われ、統合失調症で入退院。それでも、被害は家族に明かしていない。

 <主人にごめんなさい。娘にも初めての赤ちゃんじゃなくてごめんなさい。皆を欺き、ひどい女だと思うと泣けてきます>。そして、<たった一度のことで、心に病を抱え、取り返しのつかない人生にされた>と締めくくった。

 兄や同僚から被害を受けたという女性は、<もう異性を好きになれない。仕事どころか、生活もまともにできません>と憤り、<被害を語るまでに時間がかかります。時効の廃止を願ってやみません>と訴えた。

◆痛みに寄り添う

 兵庫県の主婦(71)は、息子の妻が幼少期に受けた被害を、最近知った。<幻覚を見て、悪夢にうなされていることは聞いていましたが、性暴力による心因性のものと診断されて驚きました>。被害が原因で、妊娠できない体にもなっていたという。

 <心優しく気遣いのできる彼女が、私は大好き。『孫を産めなくてごめん』なんて言わなくていい。心の傷が癒え、幸せな人生を歩めるよう祈っています>

 数年前に、実名で被害を公表した松山市の柳瀬経子さん(62)は、〈数十年間、隠してきましたが、公表したことで少し楽になりました〉と半生を振り返った。

 中学時代、集団による性的暴行の被害に。自傷行為を繰り返し、自殺も考えた。普通の結婚はできないと、21歳で暴力団員と結婚、「極妻」として生きた。離婚した今は、月に1度、自宅を開放して被害者らの悩みを聞いている。

 〈語ることで心の安らぎが得られる人もいるはず。同じ痛みを分かちあうことで、立ち直ることができれば〉

◆何をすべきか

 兵庫県西宮市の女子大学生(21)は、<被害者の生きづらさが、これほどとは……。まず私たちが耳を傾けなければ。被害者だけが助け合う社会であってはならない>と意見を寄せた。

 <身近な人が被害に遭った時、支えられるか>と自問したという、広島県福山市の会社員男性(41)。<男性は、周りの命を守るべき存在だと思うが、性犯罪では女性の命を傷つけている。男に生まれた意味を考えさせられた>とつづった。

 多数のお便り、ありがとうございました。今後も様々な視点から性暴力に関する問題を取り上げていきます。

(性暴力問題取材班)

 <孤独に過去と闘い続けている><今を 未来を 幸せに生きたい>

 今も苦しんでいますが、現状を話せる人は1人もいません。「いつまでも過去に固執している」と思われたくない。時がたつにつれ、周りに「助けて」「つらい」が伝えられなくなり、孤独に過去と闘い続けている人は多いのでは(大学時代に強姦の被害に遭った20歳代女性)

 心の中に苦しい思いが塊となっている。男性をだれも信用できず、恋愛はできませんでした。親の薦めた人と結婚しましたが、心から愛したことはありません(兄から被害を受けていた60歳代女性)

 「怖くて声も出ない」感覚は、当事者でないとわかりません。とにかく早く済むことを願う――。その間にプライドも何もかもずたずたになるのです(小学生時代に被害に遭った女性)

 優しい主人と子どもと幸せに暮らしています。過去は話していません。今を、未来を、幸せに生きることに残された人生を費やしたい(幼少期に性的虐待を受けた30歳代女性)
(2010年3月3日 読売新聞)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより