ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 性暴力を問う 第1部 被害者たちの叫び<5>出社できず解雇、困窮 (2010.02.17)

日時: 2010-12-05  表示:3118回

これからどうすればいいの

 「このまま休むようなら、辞めてもらわざるをえない」

 2008年3月。会社に呼び出された岡山県在住のゆかりさん(仮名)(28)は、信じられない思いで社長の言葉を聞いた。「うちは母子家庭です。困ります」。何度も訴えたが、手続きは進められた。

 その1週間前、同僚の男に「現場を手伝って」と言われて車に同乗し、意識がもうろうとしたところを襲われた。車から逃げ、警察に届けたが、悪い夢のようだった。

 後になって、直前に男から手渡され、「眠気覚まし」と思って飲んだ薬が、睡眠薬だったと知った。

 誰とも会いたくない状態が続き、部屋に引きこもった。「ママ、どっか痛いん? 大丈夫か?」。泣いてばかりいると、小学生の息子が心配してくれた。でも、「自分は汚れてしまった」と感じ、抱きしめてやることもできなかった。

 会社には、男から勤務中に受けた被害を訴え、「出社できない」と伝えていたが、1か月足らずで辞めさせられた。一方、男は準強姦容疑で逮捕されるまでの2か月間、何食わぬ顔で出勤。会社側は事件を知っていたのに――。

 「社会ってこんなものなの?」。食欲がなくなり、眠れない日が続いた。自殺さえ考えたが、「息子を残しては逝けない」と踏みとどまった。

 生活がある。心にむち打ってハローワークに通った。

 「辞めた理由は何ですか」。失業手当の申請時に聞かれた。「解雇された」と訴えたが、信じてもらえない。手続きに必要な会社作成の離職票では、自主的に退職したことになっていた。思い切って、性被害が原因、と明かしたが、気まずそうにされただけだった。

 その後は、退職理由を「セクハラ」にした。ある日、職探しの窓口で、女性職員から「私も前の職場でセクハラされたけど、バネにしてきた。あなたも頑張って」と明るく言われ、たまらず言い返した。

 「あなたの被害とは違う。一緒にしてほしくない」

 なぜ辞めたのか、聞かれるのがつらい。ハローワークまで行っても、ドアの前で足がすくむようになった。

 再就職先は今も決まっていない。失業手当はとうに切れた。貯金も、もう底をつく。暮らしに不可欠な車の所有が認められないと知り、生活保護はあきらめた。

 「これからどうすればいいの」。見えない糸に縛られ、一歩も動けないと感じる。

 生活まで脅かす事件の影響。法務省による犯罪被害者の追跡調査(1999年)では、強姦事件の被害者の4人に1人が「引っ越さなければならなかった」、6人に1人が「仕事や学校を続けられなくなった」、「生活が苦しくなった」と答えた。
(2010年2月17日 読売新聞)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより