ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 石巻の3人殺傷:「姉と友人、返して」 元交際女性、激しいDV証言−−公判 /宮城 (2010.11.18)

日時: 2010-11-19  表示:2969回

毎日新聞 11月18日(木)11時28分配信
 ◇口止めされ相談できず
 仙台地裁で審理が続く石巻3人殺傷事件の裁判員裁判。17日の公判では、殺人などの罪に問われている元解体作業員の少年(19)と交際していた女性(18)が出廷し、少年から受けた激しい家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)について証言した。「(少年は)人間を人間と思っていない。姉と友人を返して」と声を震わせた。一方、証拠調べで弁護側が「愛情を十分受けずに育った」とする少年鑑別所の所見を朗読すると、少年は涙を流した。【比嘉洋、須藤唯哉】
 検察官 「暴力について周りに相談しましたか」
 女性 「しません。口止めされていました。相談がばれたら、暴力が激しくなると思いました」
 女性の証言によると、08年8月に交際を始めてから2週間ほどで殴るけるの暴力が始まった。少年が09年5月に実母への傷害事件で逮捕され、仙台家裁で保護観察処分を受けた後も、同10月に女性が2人の赤ちゃんを出産した後も暴力はやまず、女性は体にたばこの火を押し付けられたり、入れ墨を無理やり入れられたりした。
 暴力は、女性が別れる決意をし、今年の元日に別の男性と「浮気」したことでエスカレート。検察官が、今年1月中旬に殴られて腫れ上がった女性の顔写真を証拠として示し確認を求めると、女性は「写っているのは私です」と泣き出した。検察官が「撮影した被告人のその時の様子は」と尋ねると、女性は「『おめえの顔、うける』と言われました」と涙声で証言した。
 暴力は口止めされており、ブログにも「おれのことを好きと書け」と言われ、幸せな生活を送っているような内容の書き込みをさせられたと明かした。
 激しい暴力は2月4、5の両日にも少年の祖母宅であったと証言。正座したまま模造刀や鉄の棒で殴られ、たばこの火を太ももに自ら押し付けるよう強要されたと述べた。女性は6日朝に実家に逃げ帰る際、「好きだけど浮気したからもう付き合えない」と置き手紙をした。検察官が真意について尋ねると、女性は「本心じゃない。『好き』と書けば追ってこないと思いました」と答えた。
 検察官 「少年について今はどんな気持ちですか」
 女性 「すごい暴力を振るわれたし、消えない傷をいっぱい付けられたし、人の体を何と思っているのかと言いたい。でも、一番はお姉ちゃんと実可子を返してほしい」
 少年に目の前で刺され死亡した姉の南部美沙さん(当時20歳)と友人の大森実可子さん(同18歳)について、証言席の女性は泣きながらこう述べた。
 「お姉ちゃんは家族思いで働き者でけんかもしたけど、赤ちゃんの服をいっぱい買ってくれたし、自慢のお姉ちゃんだった」「実可子は友達思いで夢も持っていた。自分のことより友達のことを考えてくれて優しい友達でした」
 検察官に少年の処罰について尋ねられると、女性は「極刑を望みます」ときっぱり答えた。うつむいていた少年は「極刑」の言葉を聞いた瞬間、背筋を伸ばし正面を見つめた。
 男性裁判員は「今後どう生きていくか」と質問した。女性が「亡くなった2人の分まで精いっぱい生きていく」と答えると、「頑張ってください」と笑顔で励ました。
 一方、弁護側は少年鑑別所が作成した所見を朗読した。所見は、少年が両親の愛情を受けられずに育った結果、暴力を肯定する価値観を身につけたと分析。公判を通じ、罪の意識を自覚させることが重要と結論づけていた。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより