ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : DV講演会:大田で26日 /島根 (2010.11.16)

日時: 2010-11-17  表示:2873回

毎日新聞 11月16日(火)16時11分配信
 配偶者や恋人間でふるわれる暴力「ドメスティック・バイオレンス(DV)」の対策や防止法についての講演会「恋人どうしの暴力〜ドメスティック・バイオレンス、ストーカー問題と法的対応」が26日午後1時から、大田市大田町の県立男女共同参画センター「あすてらす」で開かれる。
 県が今年度の「女性に対する暴力をなくす運動」事業として、同市と共催。講師は、後藤弘子・千葉大法科大学院教授(刑法)。後藤さんは、法の専門家の立場からDVと刑法の関係や、加害者の処遇、再教育プログラムの研究をしているほか、保護司、家裁調停委員として子ども虐待やDVの対策・防止にあたっている。講演会では、暴力のない夫婦・恋人関係づくりや、実際に問題が起きた場合の対応について語る。
 参加無料、定員90人。生後6カ月から小学校低学年を対象にした託児(16日までに要予約)もある。参加申し込み、問い合わせは財団法人しまね女性センター(0854・84・5514)。【鈴木健太郎】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより