ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

盗撮 : 改正迷惑防止条例 京都府警、施行半年まとめ (2010.11.16)

日時: 2010-11-17  表示:2758回

京都新聞 11月16日(火)22時59分配信
 京都府警は16日、4月に施行した改正府迷惑行為防止条例の半年間の取り締まり状況を発表した。新たに処罰対象となった規定で検挙したのは19人(逮捕16人、書類送検3人)で、同条例違反で検挙した127人のうち約15%を占めた。
 新設規定による検挙人数の内訳は、盗撮目的でスカートの中にカメラなどを差し出す行為11人、卑わいな言葉を掛ける行為3人、ピンクビラの配布目的での所持3人、スカートののぞき込みとダフ屋行為各1人だった。
 改正条例では、従来は痴漢とみなされなかったスカートめくりや傘など道具を使って間接的に体を触ったり、着衣の中をのぞき込もうとする行為などが禁止された。客観的な証拠が乏しいケースでも検挙対象となるが、府警は「多くが警察官の現認に基づき、慎重に運用した」と説明している。府警によると、新規定の適用で逮捕された16人中、容疑の否認はなかったという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより