ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

支援 : イベント:女性への暴力ノー、パネル展示やビデオ上映−−盛岡 /岩手 (2010.11.14)

日時: 2010-11-15  表示:3588回

毎日新聞 11月14日(日)11時19分配信
 もりおか女性センターは、女性の人権侵害防止を訴えるイベント「なくそう!女性に対する暴力」を盛岡市中ノ橋通の「プラザおでって」を主会場に18日まで開催している。13日には、多くの人に関心を持ってもらおうと、市内のショッピングセンター2カ所に会場を移し、パネル展示やビデオ上映で被害者の声を伝えた。
 11月25日が国連の「女性に対する暴力撤廃国際日」なのに合わせ、女性センターが06年から11月にイベントを開催している。これまでの会場はプラザおでって内の同センターだけだったが、今年は移動展示も加えた。
 イオンモール盛岡では、県内のドメスティックバイオレンス(DV)被害者でつくる互助会「野の草の会」のメンバーらが「DVまだ殴るだけだと思うの?」などと、メッセージを手書きしたTシャツ10枚が掲げられた。買春や人身売買などの実例を紹介したパネル展示やビデオ上映もあり、買い物客らが足を止めて展示資料に見入っていた。
 市内に住む県立大盛岡短大2年、北俣有鹿さん(20)はTシャツを見ながら「心の傷はずっと残ることが伝わってきた」と真剣な表情で話した。【安藤いく子】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより