ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 8%がネット目的「ポルノ閲覧」、16%が「勤務中も閲覧」=英 (2010.11.11)

日時: 2010-11-12  表示:3745回

サーチナ 11月11日(木)18時46分配信
 英国メディアの調査によると、インターネットをする目的として、英国人男性の8%が「ポルノサイトを見るため」と回答、そのうちの大半が恋人や妻がいない時間帯を狙って隠れてポルノサイトを見ていると回答した。中国新聞網が報じた。

 英国メディアが1183名の英国人男性を対象に、インターネットに関する習慣や閲覧するサイトについて調査を行った。

 閲覧するサイトに関して、もっとも多かったのは「ニュースを見るため」で、調査対象者の34%に達したほか、17%がスポーツニュースをチェックするためと回答。また、14%がネットショッピングをするためと回答した。

 「ポルノサイトを閲覧するため」と回答したのは全体の8%で、うち41%が「妻や恋人が隣の部屋にいる時に閲覧している」と回答、20%が「妻や恋人が寝ているときに隠れて閲覧している」と回答した。また、16%の男性が勤務中にポルノサイトを見ているということも判明したという。(編集担当:畠山栄)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより