ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

セクハラ : 五泉市職員セクハラ:部下の行為で戒告無効、元上司が勝訴−−地裁判決 /新潟 (2010.11.12)

日時: 2010-11-12  表示:3622回

毎日新聞 11月12日(金)12時42分配信
 部下のセクハラ行為を理由とした戒告処分を不服として五泉市役所の元課長補佐の男性(62)が市を相手取り、処分の取り消しを求めた訴訟の判決が11日、新潟地裁であり、草野真人裁判長は原告の主張を認め、処分の取り消しを命じた。
 判決などによると、06年2月、勤務時間中に部下の男性係長がアパートに女性職員を連れ込んでわいせつな行為をした。翌日、女性は総務担当者に相談。市は男性係長を停職2カ月、上司の原告男性を戒告処分とした。
 この裁判は原告男性が管理監督責任を負う立場にあるかが争点となった。判決は「部下の勤務時間中の外出については課長の専決事項で、課長補佐が管理監督責任を負うとは言えない」とした。
 原告男性は「セクハラ防止は市が組織として取り組むべき問題。その責任を現場に転嫁する姿勢に問題があった」と話した。同市は「現在、判決内容を確認しており、今後対応を検討したい」とした。【塚本恒】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより