ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 県暴力根絶月間:虐待防止の講演会、女性専用の法律相談を実施へ /熊本 (2010.11.06)

日時: 2010-11-08  表示:4168回

毎日新聞 11月6日(土)15時34分配信
 県は11月の「家庭から暴力をなくすキャンペーン」期間中、児童や高齢者の虐待防止に関する講演会や女性専用の法律相談を実施する。
 6日午後1時20分から、熊本市手取本町のくまもと県民交流館パレア10階で、DV被害者を支援するNPO法人「レジリエンス」代表の中島幸子さんと、CAP(子どもへの暴力防止プログラム)スペシャリストの小谷訓子さんが講演する。
 19日午後1時半から、県庁本館地下大会議室で、県高齢者虐待対応専門職チームの森枝大輔弁護士らが高齢者虐待防止法の概要や成年後見制度の活用方法などで研修会を開く。
 また、13、18、20日はパレア9階の女性総合相談室で、19日は八代市の八代地域振興局で、女性弁護士による「女性のための法律相談」がある。午後1時から。講演会、相談会のいずれも事前申し込みが必要。問い合わせは県男女参画・協働推進課096・333・2287。【澤本麻里子】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより