ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

セクハラ : 41歳男性教諭と24歳女性教諭、校内で不倫、わいせつ行為 (2010.10.30)

日時: 2010-10-30  表示:3500回

スポーツ報知 10月30日(土)8時1分配信

 大阪市教育委員会は29日、交際していた女性教諭(24)と勤務先の校舎内でわいせつな行為を繰り返したなどとして、市立中学校の男性教諭(41)を停職6か月の懲戒処分とした。男性教諭は同日付で依願退職した。女性教諭も停職1か月の処分を受けた。男性は既婚者で不倫交際中だったが、女性から別れ話を切り出された後もキスなどを強要。これがセクハラ行為とされ、女性より重い処分となった。

 夜の中学校の空き室や更衣室が“不倫密会”の場になっていた。大阪市教委によると、処分を受けたのは、同じ市立中学校の同じ学年で勤務する既婚の男性教諭と、独身女性教諭。3年間、同じ職場で勤務する先輩後輩の間柄だった。

 不倫交際は2008年12月頃に始まり、翌09年1月上旬に2人の行為は一気にエスカレート。3学期が始まる直前の冬休み期間中に校舎内の空き部屋で3回、わいせつ行為を行い、5、6月頃には1回、校舎内の更衣室でセックスまで及んだ。いずれも男性教諭が主導し、女性教諭は校舎内では嫌だと拒否したが、しぶしぶ応じたという。

 その後、今年6月頃に女性が「好きな人ができた」と別れ話を切り出した。それでも男性は校舎内で6〜7月頃にかけ、複数回にわたって体を触ったり、キスなどをしたため、9月に入って女性が校長に相談。それがきっかけで、2人の校内でのわいせつ行為が発覚することになった。2人が行為に及んだのは、冬休み期間中と、生徒が帰宅後の午後7〜8時頃。いずれも校舎内に人が少ない時期や時間帯だった。

 市教委では、女性が別れる意思を示した後の行為は、男性の強要に当たると判断。強引に女性の腕をつかむなどしているため、セクハラ行為を認定し、男性に対する処分を重くした。一方、男性は校内でのわいせつ行為自体は認めたものの「6月以降も交際が継続していたので、セクハラではない」と釈明したという。それでもさすがに教師は続けられないと思ったのか、男性は処分と同日の29日付で依願退職した。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより