ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : <NTTぷらら>児童ポルノ閲覧制限 フィルタリング提供 (2010.10.27)

日時: 2010-10-27  表示:3030回

毎日新聞 10月27日(水)0時8分配信

 インターネットプロバイダーのNTTぷららは26日、児童ポルノサイトを利用者の判断で閲覧できなくするフィルタリングサービスを約250万人のブロードバンド会員向けに無料提供すると発表。対象を児童ポルノに特定した閲覧制限措置は国内初とみられる。今年度内の導入が検討されているブロッキング(強制的な閲覧停止)に向けて利用者の理解を促進する狙いがある。提供は11月1日から。

 NTTぷららはこれまで、一部の児童ポルノサイトを含む、青少年に有害なサイトについてフィルタリングを提供していた。新たなサービスでは、英国のインターネット監視団体が作成した児童ポルノサイトのリストを利用し、閲覧制限対象を拡大する。政府は7月、ブロッキングを含めた児童ポルノ排除総合対策をとりまとめている。しかし、プロバイダー側は、通信の秘密を侵害する懸念などから慎重な姿勢が目立っていた。【乾達】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより