ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 「援交狩り」で130万円恐喝 17歳ら逮捕

日時: 2010-10-26  表示:3330回

 山梨県警笛吹署は25日までに、援助交際を装って誘い出した男性から約130万円を脅し取ったとして、恐喝と逮捕監禁の疑いで、山梨県笛吹市のアルバイトの少年(17)ら少年4人と、自称富山県在住の飲食店店員・****容疑者(20)を逮捕した。4人の少年が、被害者の男性が所有する軽自動車を占拠して連れ回し、消費者金融などで現金を引き出させた疑い。“援交狩り”の犯罪1件の被害額としては、130万円は異例の高額だ。

 モモ狩りやブドウ狩りで有名な果物の名産地、笛吹市で、「援交狩り」が行われてしまった。逮捕されたのは、中年男性のスケベ心につけ込んだ17歳など少年4人と20歳の女だった。

 笛吹署によると、事件があったのは8月10日夜。**容疑者が、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った甲府市内の自営業の男性(40)を、笛吹市内のラブホテルに呼び出した。性欲を満たすためにやって来た男性は、**容疑者とホテル内へ。事が済んだ後、**容疑者から「送っていって」と頼まれた男性は、自分の軽自動車で、指定された駐車場があるところまで送っていった。「じゃあ…」と**容疑者が車を降りて去ったのとほぼ同時に、少年たち4人が躍り出てきた。

 「オレの彼女に何をしたんだ」。一人が因縁をつけ、次々と男性の車に乗り込んだ。続いて少年らは、男性の所持品検査を行い、氏名、住所、職業などを確認。「援交をしただろ。ばらすぞ」と脅し始めた。

 監禁状態にした男性から口止め料を脅し取るため、免許を持つ一人の少年(18)が車を運転し、市内のコンビニATMなどをまわり預金を引き出させた。約6時間以上にわたり連れ回し、最後は消費者金融へ。引き出させた合計額は約130万円。同例の犯罪での被害額は1件5万〜20万円程度のケースが多い中で異例の高額被害だ。後日、男性が笛吹署に被害相談をしたことで明らかになった。

 同署によると、少年らは土木作業員、無職などで、**容疑者とは地元の知人。5人は「援交狩りは間違いありません」などと供述している。

スポーツ報知 10月26日(火)8時1分配信


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより