ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : モラル・誇りどこへ 教員・警官破廉恥行為相次ぐ (2010.10.18)

日時: 2010-10-19  表示:4001回

河北新報 10月18日(月)12時12分配信
 高い倫理が求められる教職員や警察官が、破廉恥な行為で逮捕される事件が相次ぎ、モラル低下が指摘されている。子どもを指導したり、犯罪を取り締まったりする立場にある者の犯罪は、組織全体の信用を一気に失墜させる。県教委や県警が信頼を回復するには、地道な努力を積み重ねるしかなさそうだ。
 9月以降に逮捕された教職員や警察官は表の通り。いずれも男で、うち3人はわいせつ行為や盗撮など、破廉恥な行為をした疑いが持たれている。
 県教委によると、古川署に児童買春・ポルノ禁止法違反などの容疑で逮捕されたのは、県古川工高(大崎市)の代替実習助手(28)。教員免許は不要の職種だが、県教委教職員課は「学校関係者のわいせつな行為は許されない」と指摘する。
 県宮城農高(名取市)と仙台市西山中で数学を教えていた非常勤講師(27)は、県青少年健全育成条例違反の疑いで仙台南署に逮捕された。インターネット掲示板で知り合った女子高生(17)と性的行為をしたとされる。
 女子高生と関係を持ったのは平日昼で、「18歳未満と知っていたが、合意の上だった」と供述。法令に触れることを認識しており、規範意識の欠如は明らかだ。
 県警は、県警警備課の巡査部長による女子高生の盗撮事件に揺れる。巡査部長は、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の警備で派遣されていた横浜市で、現行犯逮捕された。カメラにはほかにも隠し撮りしたとみられる画像があり、余罪がある可能性がある。
 監察課は「警察官にあるまじき行為。厳正に対処する」と強調するが、組織が受けたショックは大きい。一線の捜査員は「現場の士気が低下する」と嘆いた。
 県教委、県警ともに「再発防止には組織全体で問題意識を共有できるかどうかが重要だ」と認識する。県教委教職員課は「不祥事を対岸の火事と考えず、すべての教職員に真剣に受け止めてもらいたい」強調。県警監察課も「警察活動には県民の協力が欠かせない。綱紀粛正を徹底し信頼を回復したい」と話している。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより