ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 台湾政府、小規模な売春宿を認める法改正を計画 (2010.10.15)

日時: 2010-10-16  表示:3063回

ロイター 10月15日(金)16時23分配信

 [台北 14日 ロイター] 台湾の内政部はこのほど、政府が小規模な売春宿を合法化する計画であることをウェブサイトで明らかにした。

 それによると、内政部は、子どもが集まる地域から離れた場所にある、従業員が3人から5人の売春宿を認める案を、年内に内閣委員会へ提出する予定だという。   

 これまでには赤線地区を設ける案なども出されていたが、内政部の検討委員会で、そのような案は売春を一般的な産業として扱うことになると懸念の声が上がったため、認められなかった。

 台湾では、1997年まで台北でのみ売春が合法だった。

 政府は、売春に関する法律が不公平だとする売春婦団体からの抗議を受け、2年前から新たな法律の制定に向けた議論を進めていた。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより