ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : わいせつ:女子高生と行為、容疑で県立高教諭を逮捕−−長崎署 /長崎 (2010.10.15)

日時: 2010-10-16  表示:3913回

毎日新聞 10月15日(金)17時50分配信

 長崎署は14日、16歳の女子高生とわいせつな行為をしたとして、雲仙市小浜町、県立西陵高校教諭、高月道雄容疑者(38)を県少年保護育成条例違反容疑で逮捕した。
 容疑は、今年8月4日ごろ、長崎市三川町の路上に止めた自分の普通乗用車内で、携帯電話サイトで知り合った県内の女子高生が18歳未満と知りながらわいせつな行為をした、としている。女子高生の保護者が警察に相談し、携帯電話のメールアドレスなどから高月容疑者が浮かんだ。容疑を認めているという。
 同校よると、高月容疑者は音楽教諭で、同校吹奏楽部顧問。同部は今月10日、大分県別府市であった九州マーチングコンテストで金賞を受賞したばかりだった。
 ◇「全教職員厳しく指導」 またもや不祥事、県教育長ら陳謝
 「また先生が」−−。県では1週間前の7日、児童ポルノを製造した疑いで小学校教諭が逮捕されたばかり。相次ぐ不祥事に、寺田隆士教育長は14日午後、県庁で緊急会見し「県民の教育に対する信頼を裏切り続け、深くおわびする。現状を非常事態と受け止め、全教職員を厳しく指導していく」と陳謝した。
 県教職員の懲戒処分は、昨年度の9件11人(うち免職4人)に対し、今年度は既に5件8人(同3人)で、未処分の2件2人を合わせると、かなりのハイペースとなる。
 県教委は4月、全教職員に、不祥事防止のための緊急メッセージを配るなど対策を取ってきたが、効果は出ていない。寺田教育長は「まだ心に届いていない。自分の問題として考えない教職員がいた。大変悔しい」としぼり出すように述べた。
 県教委は16日に長崎市で臨時校長会を開くと共に、教育長ら幹部が週明けにも各校を訪ね、指導を徹底させる方針。【阿部義正】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより