ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 男性向け電話相談を月1回 県男女共同参画センター (2010.10.13)

日時: 2010-10-13  表示:4043回

紀伊民報 10月13日(水)17時3分配信

 県男女共同参画センターは今月から毎月1回、「男性のための電話相談室」を開設する。家族関係や職場でのストレスなどに苦しむ男性の相談に応じる。
 同センターには年間2千件を超える相談があるが、男性からは3%程度。ところが、昨年の県内自殺者328人のうち236人は男性で、行き場のない悩みを抱えているケースが多いという。同センターは「男らしさを気にして、相談自体に壁を感じている人が多い」とみている。
 行政側の視点も女性向けになりがちで、例えば、深刻な社会問題となっているドメスティックバイオレンス(DV)問題への対策も、これまで被害女性への対応が中心だった。
 しかし、国の調査では男性のDV被害もあり、8割以上がどこにも相談していない。加害男性の更生もDV問題の重要課題となっている。
 センターは、男性の生の声を聞くことで孤立化を防ぎ、事態の改善を図る。「自分で抱えるだけでは解決できない問題もある」と利用を呼びかけている。
 開設日は14日から、毎月第2木曜日。午後4時半〜同8時半まで。予約優先。
 相談の問い合わせなどは同センター(073・435・5246)。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより