ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : デートDV:気づこう 岡山理大市場講師、玉野商高で講演会 /岡山 (2010.10.13)

日時: 2010-10-13  表示:4072回

毎日新聞 10月13日(水)15時6分配信

 交際相手からの暴力「デートDV」を知って予防に役立てようと、カウンセラーで岡山理科大非常勤講師の市場恵子さんが12日、玉野市玉6の市立玉野商業高で「これってデートDV?〜学んで気づこう!気づいて防ごう!」と題して講演した。参加した生徒ら約500人は熱心に聴き入っていた。
 配偶者間の暴力は結婚前から起きているケースもあり、「デートDV」と呼ばれ最近問題になりつつある恋人間の暴力の実態を若い世代に学んでもらおうと、県男女共同参画推進センターと玉野市が主催した。
 センターによると、県内4カ所の配偶者暴力相談支援センターに寄せられたデートDVの相談件数は、06年度の51件から09年度は117件に倍増。配偶者間と異なり、交際中はDV防止法の対象外だが、表に出ている被害は氷山の一角という。
 市場さんは「『お前はおれの言うことを聞いてればいいんだ』と言ったり、自分以外の異性と会うことを制限するのは言葉や精神的な暴力」と述べ「束縛や支配を愛情表現と勘違いしないで。DVに気付いた人は二度とされない、しない覚悟をして、大人に相談するなどの行動を起こしてほしい」と話した。【椋田佳代】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより