ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

人身売買 : ブルガリア人性的奴隷の売買、年3000億円が犯罪集団の手に(07.12.13)

日時: 2007-12-14  表示:5436回

2007年12月13日12時30分配信 ロイター

 [ソフィア 12日 ロイター] 12日に発表された報告書によると、性的奴隷としてのブルガリア女性の人身売買は、犯罪集団に約18億ユーロ(約3000億円)の資金をもたらしており、同国で最も収益性の高い犯罪行為になっている。
 独立系非政府組織「Centre for the Study of Democracy (CSD)」は報告書の中で、ブルガリアは、ロシアやウクライナ、ルーマニアと並び、西欧諸国に売春婦を送り込む主要国の1つになったと指摘。欧州の統計を基に、ブルガリア人は、2000─03年にオランダで助けを求めた被害者数では最多、ドイツでも同様に、01─05年の被害者数で第3位だったと明らかにした。
 CSDのアナリストは、ブルガリアで風俗産業が活発化する理由として、同国における貧困、汚職、家庭問題、司法制度の不備や、不法取引が横行する黒海地域に位置する地理的要因を挙げている。
 海外で強制的に売春をさせられているブルガリア人女性の数については公式な統計がないが、幾つかの団体は、毎年約1万─1万2000人が人身売買の犠牲になっているとの見方を示している。
 CSDは報告書の中で、ブルガリア国内での売春による総収益は1億1000万─1億7000万レバ(約93億─145億円)になるとしている。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより