ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : <児童ポルノ>輸出でアダルトサイト運営者を追送検(07.12.14)

日時: 2007-12-14  表示:6788回

2007年12月14日0時34分配信 毎日新聞

 児童ポルノのDVDを米国に輸出したとして、大阪府警少年課は13日、東京都大田区の会員制アダルトサイト運営者、****(42)と****(39)両被告=児童買春・ポルノ禁止法違反(提供目的保管)罪で起訴=を同法違反(提供目的輸出)と関税法違反(禁制品輸出)容疑で追送検したと発表した。児童ポルノを国内から輸出したケースの立件は全国初という。 

 調べでは、2人は06年12月、米国のIT関連会社が管理するサーバーに児童ポルノの動画データを取り込んでもらうため、DVDを国際郵便で同社に送った疑い。児童ポルノは同年の関税法改正で禁制品扱いになった。海外のサーバーにインターネットを通じてデータを送り込むと、接続した記録が残るため、郵送したとみられる。

 同サイトは会員になれば、児童ポルノを含む約1000作品を一定期間に何度でもダウンロードできる仕組み。会員は約2万7000人で、06年6月の開設以降、2200万円の利益を上げていた。【田辺一城】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより