ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 未成年をデリヘルで雇った暴力団員ら逮捕 ホストクラブ通いで家出中の女子高生 (2010.10.04)

日時: 2010-10-04  表示:3548回

産経新聞 10月4日(月)11時32分配信

家出女子高生をデリヘルで雇う 容疑の組員ら逮捕

 18歳未満の少女をデリバリーヘルスの従業員として雇い入れ、客にわいせつな行為をさせたとして、警視庁少年育成課と中野署は児童福祉法違反(淫行)などの疑いで、デリヘル店オーナーで指定暴力団山口組系組幹部、***(34)=富山県高岡市伏木中央町=と同店店長、中****(29)=富山市萩原=の*容疑者を逮捕した。少女は今年5月、保護された。

 同課によると、少女は3月、ホストクラブ通いで生じた借金から逃れるため家出。コミュニティーサイトで知り合った富山市の***(18)から「寮付きの夜の仕事がある」と誘われ、同市内へ向かったところ、**容疑者のデリヘル店を紹介されたという。

 少女は年齢を19歳と偽って勤務していたといい、3月23日から5月5日までの間、客25人を相手にして約20万円の賃金を受け取ったが、ほとんどをホストクラブで使っていた。

 逮捕容疑は、当時家出中で都内の私立高校1年だった少女(17)を、十分な年齢確認をせずにデリヘル店に雇い入れ、今年4月30日、富山市内のホテルで埼玉県の男性会社員(59)とわいせつな行為をさせたとしている。いずれも容疑を認めている。
を認めている。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより