ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 出会い系喫茶の県内営業禁止を検討 滋賀県警 (2010.10.02)

日時: 2010-10-04  表示:3529回

京都新聞 10月2日(土)22時29分配信
 来年1月から店舗型性風俗特殊営業となる出会い系喫茶について、滋賀県警は、県内全域を営業禁止地域とする関連条例の改正を検討している。出会い系喫茶は未成年者が買春など性犯罪に巻き込まれやすく、県警は改正内容へ意見を受け付けている。
 県警生活環境課によると、同喫茶は昨年9月で全国に約100店ある。近畿は大阪や京都にあるが、滋賀県は確認されていない。
 同喫茶は、複数の女性がいる店を男性客が訪れ、店員の取り次ぎで、気に入った女性と個室などで話す。双方の合意があれば店外に行くこともある。
 2008年は同喫茶をきっかけに児童買春など33件の性犯罪が発生した。今年9月下旬には警視庁が女子大生の殺人容疑で逮捕した男が「出会い系喫茶で知り合った」と供述している。
 国が来年1月1日に風営法の改正施行令を施行するのに伴い、県警も関連条例の改正案を11月議会に提案する方針だ。他県と同様に、全域で営業のほか、広告や宣伝も禁止する。
 改正内容は県警のホームページに掲載中で、10月12日まで意見を受け付けている。県警生活環境課TEL077(522)1231。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより