ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 3年半で教員1098人懲戒処分、軽すぎる処罰 (2010.09.29)

日時: 2010-09-30  表示:4075回

聯合ニュース 9月29日(水)14時24分配信
【ソウル29日聯合ニュース】過去3年半、全国で不正や犯罪を犯し摘発された教員が1000人を超えたことがわかった。だが、性犯罪を犯しながらも半数以上が教員を続けているなど、処罰は依然として軽すぎると指摘されている。
 教育科学技術部が29日に国会教育科学技術委員会の趙全赫(チョ・ジョンヒョク)議員に提出した国政監査資料によると、2007年1月からことし6月にかけ、懲戒処分を受けた教員は1098人だった。
 懲戒理由をケース別にみると、飲酒運転が288人(全体の26.2%)で最も多く、続いて収賄・横領などが164人(14.9%)、無断欠勤など不誠実な行為が79人(7.2%)、性犯罪が45人(4.0%)、体罰が22人(2.0%)の順だった。
 だが、教育当局の処罰は甘い。未成年者に対するわいせつ行為や買春など性犯罪を犯した教員45人のうち、罷免・解任処分を受けたのは21人と半分にも満たなかった。うち4人は審査請求により停職や減俸などに処分が軽減され、実際に性犯罪で懲戒免職になった教員は17人にとどまった。
 また、収賄や横領、人事などでの不正が摘発され、懲戒を受けた教員164人のうち、罷免・解任処分になったのは19人(11.5%)にすぎなかった。飲酒運転は罷免・解任された教員が288人のうち3人しかいなかった。
 趙議員は「最も清廉潔白になるべき教育界が不正の温床になり、犯罪に比べ処罰も軽すぎ、道徳の欠如がまん延している」と指摘した。趙議員は4月、教育現場での犯罪者を加重処罰し、就職を制限することを柱とする法案を発議した。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより