ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

盗撮 : 新潟西署元巡査の盗撮:被告に有罪判決 地裁「常習性は顕著」 /新潟 (2010.09.29)

日時: 2010-09-29  表示:3899回

毎日新聞 9月28日(火)12時50分配信
 女性のスカート内を携帯電話のカメラで盗撮したとして県迷惑行為防止条例違反の罪に問われた元新潟西署交通課巡査、斎藤壮(た***被告(27)の判決公判が27日、新潟地裁であり、山田敏彦裁判官は懲役8月、保護観察付き執行猶予3年(求刑・懲役8月)の判決を言い渡した。
 山田裁判官は「警察官でありながら犯行に及び、5年で1000回にわたり同様の行為を行うなど常習性は顕著」と指摘。一方で「反省しており、懲戒免職処分など社会的制裁も受けている」と執行猶予を付けた理由を述べた。
* **被告は「警察官という立場でありながら、被害者や市民の皆さんに不安を与えてしまったことを申し訳なく思っています」と述べた。
 判決によると、**被告は今年1月25日〜4月25日、新潟市江南区のゲームセンターで、23〜35歳の女性従業員3人のスカート内を8回にわたり、携帯電話のカメラで動画撮影した。7月に別の女性への盗撮容疑で逮捕され(起訴猶予処分)、県警は同23日付で懲戒免職処分にした。【畠山哲郎】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより