ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 「女性モデルを好きに縛って撮影させる」サービスを当局調査=南京 (2010.09.28)

日時: 2010-09-29  表示:4197回

サーチナ 9月28日(火)13時20分配信
 江蘇省南京市にある衣料品店が、「女性モデルを好きなように縛って撮影させる」サービスを提供していたことで、問題になった。「違法ではないか」、「性虐待だ」との声が噴出し、政府関連部門も調査を始めたという。中国新聞社が報じた。

 同衣料品店は2008年3月にも同じサービスをしていたことで、雑誌などで問題にされた。同店は「好きなように縛って」は事実でなく、性虐待にも当たらないと反論。芸術ヌード撮影の場を提供するサービスは法律でも許されているなどと主張した。警察が調査していたが、同店に残されていた画像のモデルは、縛られていたが着衣だったので、処罰には至らなかった。

 同店はその後、モデルを用意して縛って撮影するサービスをやめた。警察などにマークされたためとみられている。しかし最近になり、同店で撮影されたとみられる「わいせつな画像」がインターネットで広まり、サービスを再開していたことが分かった。

 当局は26日、あらためて同店を調査したが、「わいせつ」に該当する画像は残されていなかった。ただし、当局の許可を得ずに内容があるCD−ROMなどを販売していたため、「出版管理条例」違反の疑いがあり、今後も調査を続けるという。

 中国では最近、「秘密撮影の場」を提供するサービスが増えている。南京師範大学報道学部撮影学科の任李培教授は、デジタル撮影機器の普及で「現像」が必要なくなったことが急増の理由と説明。個人的な小さな趣味を満たすもので、「芸術」の名目は隠れ蓑(みの)と説明し、「金銭が目的であれば、さらに低俗だ」と批判した。(編集担当:如月隼人)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより