ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 「奇妙な果実」事件から80年 米社会に変化 (2010.09.26)

日時: 2010-09-26  表示:3468回

産経新聞 9月26日(日)12時49分配信
【音楽の政治学】

 ハンマーや木製バットを握りしめた白人が次々と拘置所になだれ込み、「いまいましい黒人」を監獄から引きずり出す。この黒人は、強盗目的で白人を殺害し、婚約者を暴行したとされる2人だ。憎しみをこめたリンチに容赦はない。血まみれで絶命した2人は首にロープをかけられ、そのまま大木につるされた。まるで大木に実る果実のように…。

 1930年8月7日、米中西部のインディアナ州マリオン。あと一歩のところでリンチを逃れた第3の黒人男性の回想は、法を無視した暴力がまかり通った当時の米国の一面を生々しく描き出している。

 大木につられた黒人2人の姿は商業目的で写真に収められ、事件に衝撃を受けたニューヨーク在住のユダヤ人教師、エイベル・ミーロポールによって「奇妙な果実」という一遍の詞と、もの悲しいメロディーがつけられた。

 ♪南部の木々には奇妙な果実がなる/葉は血に染まり、根もまた染まる/黒い死体が南部のそよ風に揺らいでいる/ポプラの木から垂れ下がる奇妙な果実−。

 「果実」という語感とはかけ離れた陰惨な歌詞は、ジャズ歌手、ビリー・ホリデー氏の十八番となった。ホリデー自身も10歳で性的暴行を受け、14歳のときには売春容疑で逮捕されている。ろくでもない男との交際と麻薬で身を滅ぼしたビリー・ホリデーが絞り出す歌声は、疲れ果てた当時の黒人の様子を聴く者に伝える。

 事件から約80年。米国には確かな変化が訪れた。黒人の血が流れるバラク・オバマ氏が第44代目の大統領に選出された。

 「自分が生きている間にこんな日が訪れるとは思わなかった」

 オバマ大統領の就任式をまぶしそうに見つめ、幼い孫を抱きしめながら年老いた黒人男性はテレビカメラの前で号泣していた。

 エンターテイナーのマイケル・ジャクソンやバスケットボールのマイケル・ジョーダン、テレビ司会者のオプラ・ウィンフリーなど、成功した黒人は枚挙にいとまがない。

 それでもなお、米国には人種差別が存在する。先日もラジオの司会者が冗談交じりに黒人の卑称を連呼し、厳しい批判にさらされた。

 「奇妙な果実」は根絶されたが、差別がユーモアのネタとして笑い飛ばされるほどにまで、移民国家の米国は“融合”してはいない。(ワシントン 犬塚陽介)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより