ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 小林被告、二審も懲役14年=4女性連続監禁―東京高裁 (2010.09.24)

日時: 2010-09-24  表示:4286回

時事通信 9月24日(金)16時14分配信
 女性4人を相次いで監禁し傷害を負わせたとして、監禁致傷などの罪に問われた小林(現姓石****被告(29)の控訴審判決が24日、東京高裁であり、中山隆夫裁判長は懲役14年とした一審東京地裁判決を支持、弁護側控訴を棄却した。
 判決で中山裁判長は、**被告について「サディズムの強い性癖があり、被害女性との完全な主従関係を現実化しようという、特異な嗜好(しこう)がある」と指摘。「女性が望んで服従した」とする**被告の供述を「不合理で信用できない」と退けた。
 被害女性が心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したとの鑑定についても、信用できるとした。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより