ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 中国全土でマジの売買春一斉摘発 賄賂も効かず、共産党員でも容赦なく逮捕! (2010.09.22)

日時: 2010-09-23  表示:4497回

週刊SPA! 9月22日(水)17時33分配信

■「中華人民(毒)報」SPA!獨家報導 前代未聞の売買春摘発編

 5月、北京市内の老舗の高級ナイトクラブ「天上人間」が摘発され、大々的に幕を開けた“掃サオファン黄”(売買春一斉摘発)。『人民日報』(8月14日付)によると、北京の警察は、毎月11日を摘発の日と定めるなど、さらなる取り締まり強化を打ち出している。そんななか、北京市で6年も営業を続けていた大規模売春組織が摘発された。この組織はこれまで4億円以上の利益を得る一方、地元警官に無料で性サービスを提供し、お目こぼしを受けてきたという(『京華時報』(8月17日付)。

 北京市から2000km離れた広東省深セン市の夜の街も、掃黄の波が押し寄せている。同市在住の留学生・岡本宏大さん(仮名・25歳)は話す。

 「先月、街で一番の高級サウナが摘発された。地元の警察の親類がケツモチをしているので、絶対安全だったのに。この一件以降、ほかのサウナも摘発を恐れて自主休業。かろうじて営業を続ける店も、夜中は身分証を提示しなければ、足裏マッサージすら受けられないような状況ですよ…」

 一方、『雲南網』によると、雲南省昆明市で、風俗営業を行っていたナイトクラブに警察が一斉に踏み込み、店の従業員と68人の客を拘束。しかし、客の中に共産党幹部を名乗る男が。「俺は全人代(中国の国会に相当)の四川省代表だぞ!」と最後まで抵抗していたが、このときばかりはまったく効果がなく、警察はひるむことなく男を連行した。今までの中国では考えられなかった話だ。

 摘発対象は、売春組織や買春客だけではない。『新華社』(7月21日付)によると、重慶市最大で外資系のヒルトンホテルが、売買春に利用されることを容認していたとして、営業停止処分を受け、5つ星の認定を取り消された。

 重慶市在住の自営業・砂川孝昌さん(仮名・35歳)も先月、出張先で、摘発されそうになった。

 「上海に出張した際、宿泊先のホテルで一斉摘発があった。摘発の日の夕方、ロビーに目つきの悪い北京訛りの男たちがたむろしていたんですが、実は彼らこそ警察だった。深夜、宿泊客が女を部屋に連れ込むのを見届けてから、踏み込んだそうです。実は、私も当日、夜遊びする予定だったんですが、嫌な予感がして、おとなしく寝ていたので助かりましたよ」

 今回の掃黄に共通するのは、今まで地元警察との癒着の下、長期間にわたり行われていた売春行為が、突然、摘発を受けるという点だ。売春組織にとってみれば、まさに青天の霹靂。今回の全国一斉摘発に関して、中国在住フリーライター・吉井透氏はこう語る。

 「全国で吹き荒れている掃黄は、中央政府の号令で行われています。売春組織の多くは地元警察を賄賂などで懐柔し、営業を黙認してもらっていた。しかし、今回の摘発は、全国各地に中央から直々に警察が派遣され、取り締まりの陣頭指揮を執っている。彼らは地元の売春組織と何の利害関係もないので、聖域なき摘発が可能というわけ。ちなみに、今回の掃黄が始まったのは、4月に胡錦濤以下、政府首脳の携帯電話に売春業者からのスパムメールが届いたことがきっかけと言われています」

 中国で“羽目を外す”日本人旅行者や出張者も多いはずだが、しばらくおとなしくしたほうがいい。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより