ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : デートDV:知って 学生が被害防止セミナー−−鹿児島 /鹿児島 (2010.09.21)

日時: 2010-09-22  表示:3602回

毎日新聞 9月21日(火)18時0分配信
 交際相手からの暴力「デートDV」防止への理解を深めようと、鹿児島純心女子大(薩摩川内市)の学生が20日、鹿児島市山下町の県民交流センターでセミナーを開いた。
 高校などに出向いてデートDV被害防止の啓発活動をする同大のサークル「S&I(エスアンドアイ)」が企画。この日は、参加した中学校や高校の教師ら約20人に対し、学生が製作した冊子を用いてデートDVについて解説。デートを再現した寸劇を披露し、身体的暴力だけでなく、嫉妬(しっと)から異性の友人関係を制限したり、威圧感を与える言動などをすることも「暴力」になることを説明した。
 田中絵里加部長(4年)は「私たちの活動を知ってもらえて良かった。中高生の現状を考えて、どのように子供たちをサポートするかを検討するきっかけにしてほしい」と話した。【黒澤敬太郎】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより