ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : DV相談の女性殺害容疑で同居男を逮捕、高津署「対応は適切だった」/川崎 (2010.09.21)

日時: 2010-09-22  表示:3632回

カナロコ 9月21日(火)0時0分配信
 高津署は20日、同居する女性を殺したとして、殺人の疑いで、住所不定、無職****容疑者(22)を逮捕した。亡くなったのは東京都世田谷区非常勤職員和田裕子さん(29)で、和田さんは15日にドメスティックバイオレンス(DV)などで同署に相談に来ていた。

 同署によると、20日午前11時25分ごろ、川崎市高津区北見方2丁目のアパートから、同容疑者が「手で首を絞めて彼女を殺した」などと110番通報。署員が駆けつけたところ、和田さんが床に倒れて死んでいた。同容疑者は「彼女から仕事をしていないことに文句を言われ、かっとして首を絞めた。18日の午前中に殺した」などと供述しているという。

 同署によると、和田さんは15日の早朝に同署を訪れ、同容疑者との間の金銭トラブルと、複数回暴力を受けたことなどについて相談していた。和田さんに目立った外傷はなく、部屋も荒れた様子はなかったといい、同容疑者は「今後一切暴力は振るいません」などといった内容の上申書を提出。和田さんが被害届提出の意思を示さなかったため、そのまま2人を帰したという。同署は「署の対応は適正だった」とコメントしている。

 同署によると、2人は4月ごろから同居。和田さんは17日朝、保育園に「(同容疑者が)迎えにきても渡さないでくれ」と言い残して*(4)を預けてから行方が分からなくなっていた。不審に思った親族らが18日午後と20日午前に部屋を訪問。18日には同容疑者が「けんかをして(和田さんが)外に出たまま帰ってこない」などと話した。20日は応対がなく、和田さんの父が部屋の前で「娘と連絡が取れない」などと同署に電話していたという。

 現場は東急田園都市線二子新地駅から南東に約900メートルの住宅街。近隣住民からは、男女の言い争う声を聞いたとの証言が複数聞かれた。

 和田さんの真上の部屋に住む男性会社員(41)は、「ここ2カ月くらいけんかが絶えなかったようで、先月くらいには女性の声で『働いてよ』などと言う声が聞こえた。女の子と3人で出掛けている姿も見たことがある。身近でこんなことが起こるとは思っていなかったのでびっくりした」などと話した。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより